◆ときどき利用するフォルクスワーゲン パーツ ショップはこちら ◆【TSUTAYA online】トゥアレグ掲載雑誌など! ◆ホットシャワーの使い方と効果はこちら

ときどき情報発信局

アクセスカウンタ

フォルクスワーゲン パーツ ショップ
緊急・停電時などに!車載用バッテリー12V→家庭用100Vに変換
<お得>ここでしか買えない!資生堂エリクシールお試しセット1,155円

zoom RSS 歴代の日本カー・オブ・ザ・イヤー('90〜'99年)

<<   作成日時 : 2009/12/31 10:38   >>

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 1 / コメント 10

第41回東京モーターショー2009の中で開催されたイベント「日本カー・オブ・ザ・イヤー30周年記念展」。
1980年〜1989年までの受賞車両と選考委員の方の選考コメントを歴代の日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)で紹介しましたが、今回は1990年〜1999年の受賞車両と選考コメントをご紹介します。
シビック、アルテッツァ、プリウスなど・・・10年分の受賞車を見ていってください
インポート・カー・オブ・ザ・イヤーの選考も始まりましたね

第11回 日本カー・オブ・ザ・イヤー
公式サイトはこちら
三菱自動車工業 ディアマンテ

ディアマンテ/シグマは小型車の殻を破り、世界に通用する理想的なボディサイズを採用したことと先進技術を積極的に導入したことが高く評価された。バブル景気を追い風に大ヒットし、このクラスのひとつの基準を作っている。メカニズムではアクティブECS、車速・操舵力感応型4WS、ABSなどを統合して電子制御するアクティブフットワークシステムが注目を集めた。(選考委員:片岡 英明氏)

ディアマンテ


ディアマンテ



第12回 日本カー・オブ・ザ・イヤー
公式サイトはこちら
本田技研工業 シビック/シビック・フェリオ

中古車・パーツはこちら
【カーセンサー】シビックを見てみる

【Yahoo! オークション】パジェロ タイヤ・ホイールセット

5代目のシビックとシビック・フェリオは、スポーティな走りに加え、燃費志向の新エンジンを用意するなど、環境に配慮した姿勢が評価され、大賞に輝いた。
特別賞のパジェロは持ち前のタフな悪路走破性に加え、新時代のSUVにふさわしい先進性と快適性が評価されている。新しい4WDシステムを採用し、アウトドアブームの旗手となった。(選考委員:片岡 英明氏)

カー・オブ・ザ・イヤーのシビック


特別賞のパジェロ



第13回 日本カー・オブ・ザ・イヤー
公式サイトはこちら
日産自動車 マーチ

中古車はこちら
【カーセンサー】マーチを見てみる

第2世代のマーチは機動性が高く、経済性も優れた「ニューコンパクト」をキャッチフレーズに開発され、送り出された。初代モデルより全長を短く抑えながら、広くて快適なキャビンと十分な荷室スペースを実現している。無段変速機と新開発エンジンによって燃費もよい。高い実用性能が評価され、日本を含め、海外のCOTYも受賞した名車だ。(選考委員:片岡 英明氏)

マーチ


マーチ



第14回 日本カー・オブ・ザ・イヤー
公式サイトはこちら
本田技研工業 アコード

中古車・パーツはこちら
【カーセンサー】アコードを見てみる

【カーセンサー】スープラを見てみる
【Yahoo! オークション】スープラ タイヤ・ホイールセット

大賞を受賞した5代目のアコードは、自動車の税制が変わったのを受けてボディを普通車枠へと拡大し、衝突安全を含め、安全性能にも積極的な取り組みを見せた。特別賞のスープラは、意欲的にサーキットを走り込んで練り上げた、世界トップレベルの走りの実力が高く評価されている。3ℓの直列6気筒DOHCツインターボもパワフルだった。(選考委員:片岡 英明氏)

カー・オブ・ザ・イヤーのアコード


特別賞のスープラ



第15回 日本カー・オブ・ザ・イヤー
公式サイトはこちら
三菱自動車工業 FTO

中古車・パーツはこちら
【カーセンサー】FTOを見てみる

【カーセンサー】オデッセイを見てみる
【Yahoo! オークション】オデッセイ タイヤ・ホイールセット

ミツビシFTOはドライビングの楽しさに徹底してこだわったエンジニアの姿勢と先進的なスポーツモード付き4速ATが評価され、イヤーカーに輝く。
特別賞のオデッセイは、今までにない設計思想と生産方式で新しいジャンルを開拓したことが評価された。アコードをベースにマルチパーパスカーを設計し、セダンのように快適な走りを実現している。(選考委員:片岡 英明氏)

カー・オブ・ザ・イヤーのFTO


特別賞のオデッセイ


なおこの年のインポート・カー・オブ・ザ・イヤーに輝いたのがダイムラークライスラー日本 メルセデス・ベンツ C200
【カーセンサー】Cクラスを見てみる


第16回 日本カー・オブ・ザ・イヤー
公式サイトはこちら
本田技研工業 シビック/シビック・フェリオ

阪神・淡路大震災で明けた観のあるこの年、イヤーカーにも実用的なクルマが選ばれている。シビックは6代目となり、小型車としても完成の域に達した。エンジンは1.3〜1.6ℓまで4種類あり、すべて直列4気筒。新方式の燃料噴射システムPGM-Fiや初の電子制御CVTマルチマチックの採用など、新機軸が多く盛り込まれていた。(選考委員:川上 完氏)

シビック


シビック


なおこの年のインポート・カー・オブ・ザ・イヤーに輝いたのがローバー・ジャパン MGF
【カーセンサー】ローバー MGFを見てみる


第17回 日本カー・オブ・ザ・イヤー
公式サイトはこちら
三菱自動車工業 ギャラン/レグナム

中古車はこちら
【カーセンサー】ギャランを見てみる

民主党が結成されるなど、社会的な変化の兆しが見られた年。三菱ギャランが8代目となる。省エネルギーの観点から燃費の向上が自動車開発の大命題となり、ギャラン/レグナムにメルセデス・ベンツ300SL(1955年)に次いで2番目となる直接燃料噴射システムを採用、大幅な性能向上と省燃費化を実現。その他、操縦安定性と安全性向上への電子制御システムを多数採用。(選考委員:川上 完氏)

ギャラン


ギャラン


なおこの年のインポート・カー・オブ・ザ・イヤーに輝いたのがダイムラークライスラー日本 メルセデス・ベンツ SLK
【カーセンサー】SLKクラスを見てみる


第18回 日本カー・オブ・ザ・イヤー
公式サイトはこちら
トヨタ自動車 プリウス

中古車・パーツはこちら
【カーセンサー】プリウスを見てみる
【Yahoo! オークション】プリウス タイヤ・ホイールセット

消費税が5%に引き上げられ、投機的な理由による原油の高騰が続き、省エネルギーは社会的な問題となる。それを受け、世界初の市販型ハイブリッド車としてプリウスが登場。1.5ℓ直列4気筒エンジンとニッケ水素バッテリーに30kW交流モーターの組み合わせで、車格を超えた燃費の良さと高性能を実現。先進性とオリジナリティが高く評価された。(選考委員:川上 完氏)

当時ハイブリッド車の発売に驚きを感じたのを今も覚えています。

プリウス


プリウス


なおこの年のインポート・カー・オブ・ザ・イヤーに輝いたのがルノー・ジャポン ルノー・メガーヌ
【カーセンサー】ルノー メガーヌを見てみる



第19回 日本カー・オブ・ザ・イヤー
公式サイトはこちら
トヨタ自動車 アルテッツァ

中古車はこちら
【カーセンサー】アルテッツァを見てみる

北朝鮮が長距離ミサイルを発射するなど、国際的なトラブルが頻発。実用性重視の4ドア・セダンを高性能化してスポーツ性を高める傾向が強まる。アルテッツァはその典型で、210psを発生する2.0ℓ直列4気筒DOHCエンジンを搭載した。駆動方式はFRとしてこだわりを見せていた。インテリアの装備は高級セダン並みのもので、価格は比較的安価となっていた。(選考委員:川上 完氏)

アルテッツァ


アルテッツァ


インポート・カー・オブ・ザ・イヤーに輝いたのがダイムラークライスラー日本 メルセデス・ベンツ Aクラス
【カーセンサー】Aクラスを見てみる


第20回 日本カー・オブ・ザ・イヤー
公式サイトはこちら
トヨタ自動車 ヴィッツ/プラッツ/ファンカーゴ

この年も小型車の当たり年で、新設計のヴィッツは、スタイルの斬新さと実用性の高さが評価された。特別賞のS2000は1964年に発売されたS500の伝統を受け継ぐスポーツカーで、スタイリングは評価の分かれるところだったが、安全性と高性能をたくみにバランスさせている点で現代的なスポーツカーとして完成されたものとなっていた。(川上 完氏)

カー・オブ・ザ・イヤーのヴィッツ/プラッツ/ファンカーゴ


特別賞のS2000


なおこの年のインポート・カー・オブ・ザ・イヤーに輝いたのがローバー・ジャパン ローバー 75
【カーセンサー】ローバー 75を見てみる


次回は最終回です!また来てくださいね
投票して頂けると幸いです
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


こちらはベビーカー紹介です^^「リッチェル ファインアール」と「カトージ かるいdeちゅ」のベビーバギー比較

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
サイトマップ 自動車記事
自動車の記事 ...続きを見る
ときどき情報発信局
2010/01/01 22:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは〜^^

日本カー・オブ・ザ・イヤーの歴代車を
ズラリと並べて見ると
車の進化の歴史まで感じられますね
それだけ、自分自身も歳をとったとも
言えるんですが^^;

また今年は多くの訪問、応援
(人'▽`)ありがとうございました♪

来年も宜しくお願い致します♪
では、良い お年を・・・(^o^)丿 
おいち
2009/12/31 14:10
アルテッツァは、真剣に買おうどうしようか悩んだ車でした…。結局、ウィンダム買っちゃったんですが…。今は、アリスト…。
私の好きな車は、レクサスになっちゃう…。何故だ・・・。
宝くじが当たったら、購入検討です^^
ありえませんが・・・。

いつも、訪問、気持ち玉&コメありがとうございます。
来年も、よろしくお願いします♪
よい、お年を・・・。
syo
2009/12/31 20:31
明けましておめでとうございます。
こちらこそ昨年はいつも訪問して頂きありがとうございました^^

90年代は自身も車に乗り始めた時代なので、かなり懐かしかったですよ。当時を思い出しました^^

今年も宜しくお願いしますね
donaugo
2010/01/01 21:23
新年明けましておめでとうございます!
昨年はありがとうございました^^

syoさんの気に入ったトヨタ車はレクサスになるんですかぁ!?
これからsyoさんが気になる車はレクサスになるかもしれないので要チェックですね^^

2010年も宜しくお願いします
donaugo
2010/01/01 21:41
明けましておめでとうございます。

本年もお付き合いのほど、よろしくお願いします。
もうすけ
2010/01/01 23:46
明けましておめでとうございます。
いつも御訪問有難うございます。
本年もよろしくお願いします。
タラオのパパ
2010/01/02 06:05
>>もうすけさん
明けましておめでとうございます。
2010年も宜しくお願いします!!
donaugo
2010/01/02 17:05
>>タラオのパパさん
明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いします!!
donaugo
2010/01/02 17:06
拝見させていただきました。
応援ポチポチ!
アシュトン
URL
2010/01/03 13:25
>>アシュトンさん
こんばんは!
訪問ありがとうございますね!!
こちらもブログ拝見させて頂きました^^
donaugo
2010/01/05 01:01

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

★【Amazan】VW トゥアレグ パーツ
☆【Amazan】VW ゴルフ パーツ
★中古車輸出ビジネス無料セミナー開催中!潟Jービュー

ブログランキング

ランキングに参加中!
応援ありがとうございます
一票が励みになります。 人気ブログランキングへ にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ
にほんブログ村 にほんブログ村 車ブログ カー用品・装備へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ダイエットブログ 部分痩せ・引き締めへ
にほんブログ村

互換インクをお探しなら【インクナビ】!!

フォルクスワーゲン




シマンテックストア
ウイルスバスターで有害サイトをブロック

歴代の日本カー・オブ・ザ・イヤー('90〜'99年) ときどき情報発信局/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる